スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<加須市長選>大橋氏が初当選 埼玉(毎日新聞)

 旧加須市、旧騎西町、旧北川辺町、旧大利根町の合併に伴う加須市長(埼玉県)選で旧加須市長の大橋良一氏(62)が初当選。前加須市議の中山幸一氏(36)を破る。投票率は45.71%。

 確定得票数次の通り。

当26352 大橋 良一=無新<1>

 16030 中山 幸一=無新[民]

<名古屋市版レッドリスト>「絶滅」に13種追加(毎日新聞)
5人殺傷、容疑者のネット解約翌日だった(読売新聞)
もう手放せない! 男性にも広がるストール人気(産経新聞)
<西京銀行>融資先の氏名など書かれた関係書類を紛失(毎日新聞)
帯広市長選 石川知裕議員と故中川昭一氏夫人が積極的動き(毎日新聞)

与謝野氏らの処分、慎重に 自民党石破茂政調会長(産経新聞)

 自民党の石破茂政調会長は21日午前の記者会見で、新党「たちあがれ日本」結成のため離党届を出した与謝野馨元財務相ら4国会議員の処分について「民主党を倒すという目的意識が一致している方々との信頼関係を完全に断ち切ることはどうなんだろうか」と述べ、除名処分には慎重であるべきだとの考えを示した。

 同日開催した党紀委員会が与謝野氏らの処分の結論を見送ったことにも「何が国家のために必要なのかという観点で、党紀委は結論を持ち越したのだろう」と述べた。

 執行部批判を続ける舛添要一前厚生労働相に対しては「党の外で言うのは、組織人としては極めて不適当だ」と批判した。ただ、執行部として舛添氏に離党を迫る考えはないことも示した。

【関連記事】
堀内恒夫氏に参院選への出馬を打診 自民
国民安心税創設を盛り込みへ 自民
野党「第2の普天間に…」 温暖化法案審議入り
「衆参ダブル選の可能性高い」と石破氏 「たちあがれ日本」との連携も模索
「政党内で議論しないのは違和感」石破氏、舛添氏に不快感
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

警察広報ミスで名誉棄損=慰謝料支払い命じる-松山地裁(時事通信)
<おじさん犬>警察犬試験に挑戦3度目 実はあがり性(毎日新聞)
有休取得率70%へ=20年目標、消費刺激を期待-政府(時事通信)
明石歩道橋事故 聴取を元副署長に要請 検察官役弁護士、全面可視化で(産経新聞)
放鳥トキ、新たに産卵か 別のペアは今週末にもひな誕生(産経新聞)

雑記帳 都心から最も近い「潮干狩り」始まる(毎日新聞)

 都心から最も近い潮干狩り場として知られる千葉県船橋市の「ふなばし三番瀬海浜公園」で13日、潮干狩りが始まった。東京ドーム3個分の14ヘクタールの砂浜に「あった」と子供たちの歓声が響いた。

 東京湾最深部に残された干潟。入場料は大人420円と格安で、くま手レンタルもある手軽さから、利用客は83年のオープン以来右肩上がり。6月15日までの期間中に14万人が訪れる見込みという。

 管理する市公園協会が気を配るのはアサリをまく量。持ち帰り料金は100グラム60円だが、ゴールデンウイーク中は1日2万人もの人出が予想される。担当者いわく「アサリ過ぎにご注意」。【橋本利昭】

【関連ニュース】
◇写真特集◇水辺の生き物いっぱい 毎日水族館
◇写真特集◇美しい日本の海 命あふれる水の世界
◇写真特集◇サンゴ礁:命はぐくむ「海の熱帯林」 世界で3分の1がピンチ
◇関連記事◇潮干狩り:GWなら前半 気象庁がお勧め期間発表
潮干狩り:さあ解禁 船橋の三番瀬で13日から /千葉

薬師寺 映画「春との旅」奉納される(毎日新聞)
競争激しい旧試験(産経新聞)
動き出す大阪「都」構想 どんなメリットあるのか(J-CASTニュース)
桜 造幣局の「通り抜け」始まる 見物客1500人 大阪(毎日新聞)
<若年性パーキンソン病>異常ミトコンドリア蓄積が原因(毎日新聞)

「銀閣寺」修復が完了=内部に黒漆、創建時を復元-京都(時事通信)

 「銀閣寺」として知られる慈照寺(京都市左京区)の国宝・観音殿の修復工事が完了し、12日に落慶法要が営まれた。観音殿2階の「潮音閣」内部には黒漆が塗られ、室町時代の創建時(1489年)の姿が復元された。
 本格的な修復は2008年2月に始まり、こけら屋根のふき替えや耐震化などが行われた。工事に伴う調査で、1階の「心空殿」に仏像を安置する「仏間構え」などがあったことが分かった。 

【関連ニュース】
【Off Time】高野山-天空の宗教都市で過ごす時間
予備費で学校耐震化推進へ=今国会後に閣議決定
予備費で追加経済対策策定へ=学校耐震化などに2兆円
仏頭すげ替えは著作権侵害=寺に広告掲載命令
阿修羅像の画像サービス=アイフォーンで鑑賞

「赤旗」配布無罪 東京高検が上告(産経新聞)
「お金を出してください…。強盗です…」気弱すぎる36歳男、自ら警察に出頭(スポーツ報知)
架空取引 1億2000万円脱税 ビル管理会社前社長告発(産経新聞)
<将棋>急戦調の横歩取りに 1日目終わる 名人戦第1局(毎日新聞)
踏切に幼女、非常ブレーキ間に合わず…京都(読売新聞)

<相続税法違反>遺産2億円脱税…開業医の遺族、国税が告発(毎日新聞)

 開業医だった父親の遺産約3億6000万円を隠したとして、名古屋国税局が、名古屋市千種区の加藤典子相続人(50)を相続税法違反容疑で名古屋地検に告発していたことが分かった。脱税額は約2億円とみられる。既に修正申告し、納税したという。

 関係者によると、加藤相続人は父親が07年10月に90歳で死亡した後、自宅や他の不動産を夫らとともに相続。この際、現金など約3億6000万円を実家の金庫に隠していたという。

 09年11月に名古屋国税局が強制調査(査察)した。追徴課税は重加算税を含め、約2億7000万円に上るとみられる。【中村かさね】

【関連ニュース】
キヤノン工事脱税:大光など3社に罰金2億5000万円
防衛脱税:秋山被告に有罪判決 東京地裁「巧妙で悪質」
脱税容疑:弁護士が所得税5000万円 名古屋国税局告発
脱税:「水谷建設」元会長を仮釈放 08年5月に収監
大分コンサル脱税:大光など3社に罰金3億円超求刑

自民・谷垣総裁、舛添氏に選対本部長代理を打診(読売新聞)
文科OB天下り2社 理研の20、21年度委託9件 すべて「1社応札」(産経新聞)
<高校生>日本は教科書好き…体験・発言は苦手です(毎日新聞)
相模原が政令市に=全国19番目、「戦後生まれ」では初(時事通信)
自民党、舛添氏に参院選の選対本部長代理を要請へ(産経新聞)
プロフィール

ミスターよしあきかめい

Author:ミスターよしあきかめい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。